« »

ヒゲジロハサミムシが塀にとまっていました

2007年3月25日
  • ヒゲジロハサミムシ

ヒゲジロハサミムシが塀にとまっていました。触覚に白い部分があるので「ヒゲジロ」といいます(脚にも白い部分があります)。
尻尾に,刺されたら痛そうなハサミを持っていますが,毒をもっている訳ではなく,ただ挟むだけなので痛くはありません。
一般的に昆虫の仲間は子どもの世話をすることはありませんが,ハサミムシの雌は孵化した幼虫の世話をすることで有名です。コブハサミムシにいたっては,幼虫の餌として自分の体を差し出します。

Categories:その他の虫 | Tags: