« »

ムクゲとフヨウの違い

2007年8月30日
  • ムクゲの花
  • フヨウの花
  • ムクゲの花
  • フヨウの花
  • ムクゲの花
  • フヨウ
  • ムクゲ
  • フヨウ
  • ムクゲの花とフヨウの花はよく似ています。
    どちらもアオイ科フヨウ属なので,似ていて当然ですね。
    アオイ属を学名ではHibiscusというとおり,ハイビスカスも同じ仲間で,花がにています。
    ムクゲとフヨウの違いを写真でまとめてみました。

    世界中で栽培されていますが,特に朝鮮半島で非常に親しまれており,韓国の国花となっています。
    朝鮮とムクゲの花とのかかわりについて,平凡社『世界大百科事典」には次のように書いてありました。

    『朝鮮ではmugunghwa(無窮花)とよび,夏から秋にかけて一時に咲かず,ねばり強く咲き続ける様が朝鮮の国民性を表すとされている。家の近くならどこにでも自生するところから,朝鮮の異称を<槿域>(ムクゲの地)ともいう。結婚式の際に着るフォルオッ(闊衣)とよばれるうちかけ様の礼服にムクゲの花を前後に刺繍するが,これもムクゲの花の多産性にちなむものであろう。李朝末期にはこの無窮花をテーマとした愛国歌が現れ,植民地時代には海外の亡命人士によって歌いつがれ,今日の韓国の<愛国歌>(国歌)となっている。』

    Categories: | Tags:,