« »

アケビコノハ

2007年12月4日
  • アケビコノハ
  • アケビコノハ
  • アケビコノハ
  • アケビコノハ

12月2日午前中,アケビコノハが羽化しました。
蛹化したのは1か月ほど前なので,このまま冬を越すのかと思っていたのですが。

アケビコノハは成虫で越冬するそうです。
今まで3回飼育して,羽化したのは今回が初めてです。
昨年,一昨年と蛹にまではなったのですが,そのまま冬を越し,春になっても羽化しませんでした。

保育社「原色日本蛾類図鑑(下)」(1990年)には,次のように書いてありました。
『成虫で越冬し,3月にも得られることがある。6月に第1化のものが現われるという記録はあるが,各地に普通にとれるのは7~8月の頃である。』

アケビコノハは名前からもわかるように,木の葉に擬態していることで有名です。
しかし,もっと葉っぱそっくりかと思っていたのですが,[写真1][写真2]を見るとそれほど木の葉に似ていませんね。
白い紙の上に置かれたのでは,実力を発揮できない?

[写真3][写真4]は,頭部を拡大したものです。
角のように見えるのは,下唇鬚(かしんしゅ)といわれるものです。
『下唇鬚大3節の先には毛が密生して第127図(略)に示したような形になっている』保育社「原色日本蛾類図鑑(下)」(1990年)

Categories:成虫 | Tags:,