« »

アカヤマドリ

2009年8月5日
  • アカヤマドリ
  • アカヤマドリ
  • アカヤマドリ

毎年出る,いつもの場所にアカヤマドリが出ていました。[写真1]

この場所で,初めてアカヤマドリを見つけたのは6年前です。(→2003年7月15日
[写真3]は,その時のもの。
キノコを持っているのは,当時小学生の次男です。
懐かしいですね。

初めて見つけたアカヤマドリで,ワクワクしながら持って帰ったのを思い出します。
大きく膨らんだビニール袋がずしりと重く,意味もなく誇らしくて。

包丁で切ると,全く虫食いがなく,白い緻密な肉をしていました。
オリーブオイルとニンニクでソテー。
オリーブオイルが,サフランを入れたように黄色く色づきます。

それ以来,毎年発生し,数も増えているのですが,何故かみんな虫食いしています。
大きさも,初めてのときのように大きくありません。
今回の個体も虫食いしており,傘の一部が溶けはじめていますね。

[写真2]は,3年前の2006年の発生状況。

小宮山勝司著「きのこ大図鑑」には,アカヤマドリについて次のように書いてありました。

黄橙色から明るい黄土色をした派手なキノコです。傘の表面は不規則にひび割れ,黄色い肉が見えるのが特徴です。柄は太くてかたく,黄褐色のササクレがあります。
クセがなく,いろいろな料理に利用できますが,とくにパスタやリゾットなどにおすすめです。
傷みやすく中に虫が入っていることがあるので注意しましょう。

Categories:菅孔のあるキノコ | Tags: