« »

かじられたアゲハチョウ

2010年5月9日
  • ナミアゲハ
  • ナミアゲハ
  • ナミアゲハ
  • ナミアゲハ

歩道にアゲハチョウがとまっていました。
羽化したばかりでまだよく飛べないのかなと思ったのですが,何か様子が変です。
よく見ると後翅がなくなっています。

鳥に襲われたのでしょうか。
羽が結構大きく破れているチョウでも飛んでいるのですが,さすがにこんなに大きく破れていては飛べないようです。

アゲハチョウは蛹の状態で冬を越し,春になると羽化します。
このアゲハチョウも去年の秋に蛹になった個体だと思います。

学習研究社『日本産蝶類標準図鑑』(2006年)には次のように書いてありました。

関東より九州中・北部にかけての西日本の平地から低山地では,越冬蛹より羽化した第1化(春型)は3月下旬~5月にかけて出現,第2化は5月下旬~6月上旬より発生し,以後秋季まで連続的に4,5回程度の発生を繰り返す。第2化およびそれ以後のものはすべて夏型となる。北海道あたりの寒冷地ではふつう年2化(春型5~6月,夏型7~9月)。

Categories:成虫 | Tags: