« »

タゴガエルの変態(1)

2015年7月28日

2か月遅れになってしまいましたが,タゴガエルのオタマジャクシがカエルになるまでの経過をまとめました。
今回は腹面から撮影したものです。(次回に側面から見たものをまとめるつもりです。)

4月30日に孵化。
5月1日:外に張り出したエラがまだ残っています。
5月3日:エラがエラぶたで覆われて見えなくなりました。腸が巻きはじめています。
5月4日:吸盤が消失しています。
5月5日:尾の付け根にある後肢芽が伸び始めます。
5月7日:後肢芽がすこし曲がっています。膝関節ができたのでしょうか。
5月9日:後肢に指ができ始めています。
5月12日:後肢がほぼでき上がりました。体の中に前肢の指が見えます。
5月17日:でき上がった前肢が皮膚の下にはっきり見えます。今にも皮膚を破って出てきそうです。
5月18日:前肢が出現。口の形も大きく変わりました。エラ呼吸から肺呼吸へと切り替わったのだと思います。
5月21日:尾が随分短くなり,上陸しました。
5月24日:尾が完全に消失し変態完了です。
孵化から変態完了まで25日間でした。
その間,餌は全く食べていません。

卵を採取した時の様子→2015年4月26日
卵が孵化するまでの様子→2015年5月6日
変態の様子(側面から)→2015年7月28日

Categories:両生類 | Tags: