タグ:ゲンノショウコ

  • ゲンノショウコの実がはじけていました

    ゲンノショウコの実がはじけていました

    2006年10月1日

    ゲンノショウコの実がはじけていました。この形からミコシグサの別名があります。   牧野新日本植物図鑑によると『また果実が裂開した状態は,みこしの屋根に似ていることから,ミコシグサの名がある。』

  • 現の証拠

    現の証拠

    2006年8月16日

    ゲンノショウコの花。ゲンノショウコは「現の証拠」で,よく効く民間薬として知られています。花が咲き,全草に勢いのある土用の丑の頃に採取します。   ツクツクボウシが鳴いていました。

  • 下痢止めの妙薬として昔から有名です

    下痢止めの妙薬として昔から有名です

    2005年9月6日

    ゲンノショウコの花。全草を乾燥させ煎じたものは,下痢止めの妙薬として,昔から有名です。   花には紅色と白色があり,西日本には紅色が多く,東日本には白色が多いそうです。   写真奥の方に,キャンドルのような形をしているも ……続きを読む

  • キャンドルのようです

    キャンドルのようです

    2004年9月6日

    ゲンノショウコの実。キャンドルのようです。熟すと5つにさけて実が飛び散ります。実がさけた後の様子がお神輿の屋根のようになるので,ミコシグサの別名があります。

  • 「現に良く効く証拠」に由来

    「現に良く効く証拠」に由来

    2004年8月18日

    ゲンノショウコ。西日本には紅色の花,東日本には白色の花が多いそうです。昔から下痢止めとして有名で,名前も「現に良く効く証拠」に由来しています。