« »

弟切草

2003年8月25日

オトギリソウ
オトギリソウ。「弟切草」と書きます。平安時代の鷹匠が,この草が鷹の傷薬になることを他人に漏らした弟を切り殺した,と言う伝説からきています。葉っぱの黒点は飛び散った血潮だとか。止血・傷薬などに薬効があるとされ、民間薬として使われます。

Categories: | Tags: