• うっすらと雪が積もっていました

    2002年12月13日
    うっすらと雪が積もっていました

    朝,屋根にうっすらと雪が積もっていました。初雪です。道には積もっていません。

  • サネカズラの実

    2002年12月12日
    サネカズラの実

    ラズベリーをいっぱいのせたプチケーキのように写っていますが,これはサネカズラの実です。樹液を水で薄めて頭に塗っていたことから,美男葛(ビナンカズラ)の別名もあります。百人一首に「名にし負わば、逢坂山のサネカズラ、人に知ら ……続きを読む

  • 今冬初めて氷がはりました

    2002年12月11日
    今冬初めて氷がはりました

    今朝は冷え込み,今冬初めて氷がはりました。昨日,洛北では雪が降ったそうです。

  • シャシャンボの実

    2002年12月10日
    シャシャンボの実

    木の実ばかり続いていますが,今日はシャシャンボの実です。小さな実がなることから「小小ん坊」の名がつきました。食べるとプチッとつぶれて甘酸っぱい味がします。実が小さいので,そのまま食べるよりジャムにした方がよさそうです。

  • ツルウメモドキの実

    2002年12月9日
    ツルウメモドキの実

    ツルウメモドキの実。崖の木にからまってたくさんの実をつけています。もう少しすると,中の赤い実がもっと目立ってきます。ツルウメモドキはニシキギ科で,ウメモドキに似ている蔓なので「ツルウメモドキ」。ウメモドキはモチノキ科で梅 ……続きを読む

  • 白いコイが引っ掛かっていました

    2002年12月8日
    白いコイが引っ掛かっていました

    川岸に50センチほどの白いコイが引っ掛かっていました。どこかの家の庭池から逃げ出したのでしょうか。

  • クスノキの実

    2002年12月7日
    クスノキの実

    クスノキの実。クスノキのチップを蒸した蒸気から樟脳がとれます。現在の樟脳は化学的に合成されたものですが,昔は日本の重要な輸出品でした。防虫剤としてだけではなく薬にも使われます。カンフル剤のカンフルとは樟脳のことです。

  • 今日も霧が出ていました

    2002年12月5日
    今日も霧が出ていました

    今日も霧が出ていました。ウェスティン都ホテル京都(長い名前ですが,都ホテルは4月からこの名前になりました)の裏山から九条山を望む。中央にぼんやり見える白い建物がヴィラ九条山(関西日仏交流会館)です。 

  • イヌビワの実

    2002年12月4日
    イヌビワの実

    イヌビワの実。ビワというよりイチジクに似ています。元々はイチジクと呼んでいたのはこのイヌビワのことだという説もあります。

  • ホコリタケがたくさん出ていました

    2002年12月3日
    ホコリタケがたくさん出ていました

    厚く積もった落ち葉にホコリタケがたくさん出ていました。全て胞子を放出した後の老菌でした。肉の白い状態の幼菌は食用になるそうです。

  • 霧が出ていました

    2002年12月2日
    霧が出ていました

    今日は朝の間,霧が出ていました。盆地では放射冷却により霧が発生します。冷えた空気が盆地の底にたまり,飽和に達すると霧になるというわけです。 

  • かなり近づくことができました

    2002年12月1日
    かなり近づくことができました

    動物園南の疎水。今日はアオサギにかなり近づくことができました。いつもは,すぐ逃げてしまうのでなかなか写真を撮る事ができません。でも以前に,動物園のなかでみた(檻の外です)アオサギは,近づいても片足を上げた姿勢のまま全然動 ……続きを読む

  • 実だけが残っています

    2002年11月30日
    実だけが残っています

    センダンの木が葉を全部落とし,実だけが残っています。この実は冬の間中くっついています。たくさんなっている実の様子を団子にみたてて「千団」の名が付いたとか。

  • ヤツデの花

    2002年11月29日
    ヤツデの花

    ヤツデの花。私などはヤツデといえば便所の木と言うイメージがあるのですが,今はインドアグリーンとして見直されているようです。便所のそばに植えられて,冬に地味な花を咲かせ,ハエやアブが受粉を助けるとなると,ぱっとしませんが, ……続きを読む

  • タカノツメ

    2002年11月28日
    タカノツメ

    薄暗い林で空を見上げると,黄色く透き通った葉をつけた木があります。コシアブラかなと思ったのですが,五出複葉ではなく三出複葉です。これは同じウコギ科のタカノツメです。タカノツメの名は冬芽が鷹の爪に似ていることから。