タグ:カワウ

  • カワセミ,カワラヒワ,カワウ,ゴイサギ カワセミ,カワラヒワ,カワウ,ゴイサギ カワセミ,カワラヒワ,カワウ,ゴイサギ

    カワセミ,カワラヒワ,カワウ,ゴイサギ

    2015年3月5日

    最近よく見かける鳥4種。カワセミ,カワラヒワ,カワウ,ゴイサギ。カワセミ,カワウ,ゴイサギは,動物園南の疏水で,カワラヒワは南禅寺境内で見かけます。…続きを読む

  • カワウ カワウ カワウ

    カワウ

    2011年2月13日

    1月~3月の間,動物園南の疎水は水位が下げられています。 堆積した砂を浚渫するためです。 水位が下がって,水面に点々と姿を現した石の上には,カワウがとまっています。 今日は6羽いました。 この場所のカワウは,以前は冬の間 ……続きを読む

  • カワウ カワウ カワウ

    カワウ

    2009年3月17日

    動物園南の疎水にいたカワウ。 ヤナギの木に4羽止まっていました。 この場所では冬にしかカワウの姿を見ません。 春になり繁殖期になると,琵琶湖へ帰るようです。 今の時期,すでに婚姻色が出ている個体も多いのですが,[写真1] ……続きを読む

  • カワウ カワウ カワウ

    カワウ

    2008年10月31日

    1週間ほど前から,動物園南の疎水でカワウを見かけるようになりました。 今日は7羽が,近くにあるヤナギの木にとまっていました。 ここのカワウは冬になると姿を現し,暖かくなるといつの間にかいなくなっています。 カワウはどこか ……続きを読む

  • カワウ カワウ カワウ

    カワウ

    2008年2月27日

    動物園南の疎水。雪が降りしきるなか,水面から突き出た石の上でたたずむカワウです。 この場所に6羽いました。 2005年には同じ場所に19羽もいたことがあります。 近年カワウは増えすぎて,各地でいわゆる「カワウ問題」をひき ……続きを読む

  • ためらいがちに羽を広げています

    ためらいがちに羽を広げています

    2007年3月14日

    カワウがこちらを気にしながら,ためらいがちに羽を広げています。カワウは時々,潜水してぬれた羽を乾かすために,羽を広げて日にあてます。 動物園南の疎水で見かけるカワウも数が減りました。先月まで5~6羽いたのですが,ここ数日 ……続きを読む

  • 頭の白いカワウ

    頭の白いカワウ

    2007年2月27日

    動物園南の疎水には現在,5~6羽のカワウがいます。その中に近頃,1羽だけ頭の白いカワウを見かけます。突然変異かなと思っていましたが,これは婚姻色だそうです。足の付け根あたりも白くなっていて,ホワイトポケットというそうです ……続きを読む

  • 石の上のカワウ

    石の上のカワウ

    2007年2月18日

    水面からすこし頭を出している石にとまっているカワウ。周りにいるカワウは,人が近づくとすぐに飛び立つのですが,この石の上にのっているカワウはなかなか飛び立ちません。この石の上にいると安心なのでしょうか。  カワウは水の中を ……続きを読む

  • 正面を向くと変な顔です

    正面を向くと変な顔です

    2006年2月15日

    カワウ。正面を向くと変な顔です。今日の最高気温は16.7度。4月上旬並みの暖かさでした。

  • カワウ

    カワウ

    2005年12月2日

    カワウ。今冬,初めて見かけました。3羽います。

  • 居つくのではと心配です

    居つくのではと心配です

    2005年4月7日

    昨日の京都の最高気温は25.2度で夏日でした。サクラも一気に開花したのですが,あいにく今日は雨です。   写真は木にとまっているカワウ。この1週間ほど前から,動物園南の疏水だけでなく,インクライン山手の木にカワウが3羽と ……続きを読む

  • 気づかずに和んでいました

    気づかずに和んでいました

    2005年2月13日

    動物園南の疎水で和むカワウ。いつもはすぐに飛び立って逃げるのですが,今日はみんなお尻を向けていたので,気づかずに和んでいました。この場所で見るカワウが増えてきています。去年までは,たまに見かけるだけだったのですが,今日は ……続きを読む

  • 全身真っ黒な鳥がいます

    全身真っ黒な鳥がいます

    2004年12月6日

    2週間ほど前から,動物園南の疎水に全身真っ黒な鳥がいます。とても用心深く,人の気配を感じるとすぐに飛び上がりるので,なかなか写真に撮ることができません。潜水が得意なようで随分長いこともぐっています。カワウかなと思うのです ……続きを読む